Bee問診サポートの使い方ガイド

フォローする

はじめに

Bee問診はiPadを使用した電子問診システムです。目的やスタイルに合った質問を自由に設定することができます。問診結果は回収後即座に反映され、診察室ですぐに閲覧することができます。

ご利用条件

Bee問診の導入には、以下の条件をみたすことが必要です。

  • iOS7以上のiPad
  • インターネットに接続可能な無線ネットワーク環境

設定方法について

Bee問診は、質問項目を自由にカスタマイズすることができます。
質問の変更は基本設定画面から行います。
質問項目の編集についてはこちらをご参照ください。

※質問の変更を反映させるには、iPadのアプリを一旦終了して再度起動させる必要があります。
iPadアプリの終了方法についてはこちらをご参照ください。

 

Bee問診の使い方

準備

1.Bee問診のアプリをiPadにインストールする

問診を入力には、iPad専用のアプリを使用します。App Storeで「Bee問診」を検索し、「Bee問診」をダウンロードしてください。
※アプリ「Bee問診」の詳細はこちら

2.トークンを登録する

アプリを起動すると、認証トークンの入力画面が表示されます。
認証トークンは、3BeesWebサイトログイン後のBee問診「基本設定画面」で確認できます。トークンが正しく入力されると、質問がダウンロードされ、Bee問診が使用できるようになります。
トークンは1度入力すると、それ以降は入力の必要はありません。

Bee問診で問診を行う

1.入力準備

下記内容を入力・選択し、「問診票 準備完了」ボタンを押してから、患者様にお渡しします。

・患者さまの特定(受付番号、カルテ番号、患者氏名のいずれか)を入力
・受診区分(新規、再来(しばらくぶり)、再来(前回受診の継続)を選択
・入力言語(日本語、English)を選択

2.入力データを送信する

患者様の入力が終わり、iPadを受け取りましたら管理者用パスコードを入力して問診結果確認画面で「送信」ボタンを押します。

※管理者用パスコードはiPadの「設定」から「Bee問診」を選択すると、「管理者用設定」の「パスコード」に表示されています。変更することも可能です。

3Beesカスタマーサポート

(9:00-19:00 日曜祝日、年末年始を除く)