カルテID連携(エクスチェンジ)の使い方ガイド

フォローする

カルテID連携(エクスチェンジ)は、レセコン・電子カルテ連携、3Beesのアプリ間連携、および、マルチプリンター機能を可能にするマイクロサーバーで、3Beesのオプションサービスです。

設定方法について

カルテID連携(エクスチェンジ)は、利用機能により設定内容および設定方法が異なります。ご利用になりたい機能をご確認のうえ、以下のA~Cに該当する項目に記載のStepを実行してください。

A.レセコン・電子カルテのカルテID連携機能を利用する場合

カルテID連携により、患者情報を検索し3Beesの各アプリに登録できます。また、カルテID連携の「本日の患者一覧」から、「Bee診察予約」「Bee順番管理」「Beeメッセージ」などのアプリを直接呼び出すことができます。

Step1 ルート証明書の登録→ Step2 カルテID連携の設定

B.マルチプリンター機能を利用する場合

3Beesの基本仕様では、アプリごとにレシートプリンター(発券機)を設定しますが、マルチプリンター機能を使えば、ブラウザごとにプリンターを設定することができ、同一アプリで複数のプリンターを使い分けることができます。たとえば、予約票を発券する際、診察室では診察室のプリンターから、受付では受付のプリンターから発券できます。

Step1 ルート証明書の登録→ Step2 マルチプリンター機能の設定

C.カルテID連携機能とマルチプリンター機能を利用する場合

上記AとBの両方の機能を使用することができます。

Step1 ルート証明書の登録→ Step2カルテID連携の設定およびマルチプリンター機能の設定

ご利用条件

カルテID連携(エクスチェンジ)の導入には、以下の条件を満たすことが必要です。

カルテID連携機能を利用する場合
  • 有線LANに接続できること
  • 固定IPを割り振ることができること
  • レセコン・電子カルテサーバーに接続できること
  • インターネットに接続できること
マルチプリンター機能を利用する場合
  • 有線LANに接続できること
  • 固定IPを割り振ることができること
  • インターネットに接続できること
カルテID連携(エクスチェンジ)はインターネット上のNTPサーバーを使用して現在時刻を取得しています。
現在時刻を取得できない場合、正常に動作しません。

3Beesカスタマーサポート

(9:00-19:00 日曜祝日、年末年始を除く)