ORCA連携の設定

フォローする

3BeesとORCAを連携するには、1.カルテID連携(エクスチェンジ)にORCAサーバの情報を登録し、2.ORCAと連携したいすべてのアプリにカルテID連携(エクスチェンジ)の連携情報を登録する必要があります。以下の手順に従い設定を行ってください。

1. ORCAサーバーの情報をカルテID連携(エクスチェンジ)に登録する

接続するORCAサーバの情報をカルテID連携(エクスチェンジ)の管理画面から登録します。
カルテID連携(エクスチェンジ)に接続できる環境下で、ブラウザでカルテID連携(エクスチェンジ)に接続することで設定画面を開くことができます。
ブラウザのアドレスバーに入力するIPアドレスの例) https://192.168.1.1

1.カルテID連携(エクスチェンジ)設定画面の「ORCA設定」タブを選択して「ORCA設定」画面を開きます。

2.“ORCAサーバIP”にORCAサーバーのIPアドレスを入力します。

3.“ORCAユーザ名”にログインIDを入力します。

4.“ORCAパスワード”にパスワードを入力します。

“ORCAユーザ名”と“ORCAパスワード”には、ORCAサーバーのログインIDとパスワードではなく、
ORCAクライアントなどで使用しているログインIDとパスワードを入力してください。

5.“医師コード”には、チェックイン連携用のORCAのドクターコードを入力します。医師コードは、ORCAの「11 受付」画面左上の「ドクター」選択ボックス内に表示されている4桁の数字です。

6.“診療科コード”には、チェックイン連携用のORCAの診療科コードを入力します。診療科コードは、ORCAの「11 受付」画面左上の「診療内容」選択ボックス内に表示されている2桁の数字です。

7.“カルテ番号の桁数”には、ORCAに設定しているカルテ番号の桁数を入力します。

8.[変更]ボタンをクリックして設定を保存します。

9.ORCAサーバーとの接続確認が行われ、通信が成功すると、[変更]ボタンの下に【ORCAサーバーステータス:異常なし】と表示され、登録は完了です。

【ORCAサーバーステータス:異常あり】と表示された場合は、【ORCAサーバーステータス:異常あり】ボタンをクリックします。
上記の作業を行っても【ORCAサーバーステータス:異常あり】が表示される場合は、こちらをご確認ください。

2. 各3Beesアプリに連携情報を登録する

ORCA連携機能を使用する3Beesアプリ(Bee診察予約、Bee順番管理、カルテID連携(エクスチェンジ))の基本設定を変更します。

この操作は、“オーナー”または“管理者”のみ行うことができます。必ず“オーナー”または“管理者”がログインし、設定作業を行ってください。
メンバーのロールは、画面右上の歯車アイコンメニューの[メンバー管理]から確認できます。

システム連携の設定

1.各アプリの「基本設定」画面を開き、“システム連携の設定”ブロックの“エクスチェンジのURL”に「https://(エクスチェンジのIPアドレス)」を入力します。
例) https://192.168.1.1

2.“連携システムでのカルテ番号の桁数”に、ORCAに設定しているカルテ番号の桁数を入力します。

3.エクスチェンジとの接続が行われ通信が成功するとエクスチェンジの状態が【ステータス:異常なし】と表示され、登録は完了です。

”エクスチェンジの状態”または”連携システムとの接続状態”が【ステータス:異常あり】と表示された場合は、【ステータス:異常あり】をクリックします。
上記の作業を行っても【ステータス:異常あり】が表示される場合は、こちらをご確認ください。

4.患者検索機能を使用する場合は、「連携システム検索機能の使用」をONにします。

ここでは、“Bee診察予約”および“Bee順番管理”の連携システム検索機能のON/OFFを設定します。
“カルテID連携(エクスチェンジ)”の「受付・チェックイン画面」では、「連携システム検索機能の使用」のON/OFFに関わらず、
常に患者検索を行うことができます。

5.連携しているシステムに、患者のチェックイン情報をプッシュするには、「チェックイン機能のプッシュ機能の使用」をONにします。

3Beesカスタマーサポート

(9:00-19:00 日曜祝日、年末年始を除く)